京都にある シルクスクリーン印刷・インクジェット印刷・サイン加工の会社です!

代表取締役社長 木村 直樹 -Naoki Kimura-

画像 立命館大学を卒業。
店舗の内装や催事を手がける会社に就職。
営業経験を積んだ後、今度は製作の知識を広げるべく
板金加工会社へと転職しました。
そして2011年に轄G和プロセスの代表取締役社長に就任。
今までの伝統を生かしつつも、新たな風を轄G和プロセスに吹かせ
この数年で轄G和プロセスは驚くべき成長をはたしている。


Q&A

画像 Q:轄G和プロセスはどんな会社ですか?
A:ずばり「人と人とのつながりを大切にする」を
モットーにそれを実践している会社です。
経営理念にもあるように、御客様を大切にすることは当然ですが、やはり社員が自分の会社を誇りに思える会社、 そして社員の事も大切にする会社でありたいと思っています。
人生の中で仕事に従事する時間は家族と共に過ごす時間と同じく長い。 私は社員全員を一つ屋根の下の大家族とみています。 数え切れない人との出会い、その瞬間を大切にし、その積み重ねが御客様との信頼を築き上げ、 良い製品つくりに繋がっていくと考えます。

Q:仕事のやりがいを感じるときを教えてください。
A:看板はいわばお店の顔とも言うべきもの。また印刷物一つにしてもそのお店の思いが詰まっています。
ですから、常にハイクオリティーな商品を提供しなおかつ御客様に100%満足していただけるよう
製作する側の私たちとしても、その御客様の思いを充分に表現できるようにと考え取り組んでおります。
ふと、街を歩いているときに自社製作物を目にする時が、たまらなく嬉しいですね。

Q:ここだけの話、困ったことなどもありますか?
A:もちろんありますよ。
選択肢が一つしかないときよりも、たくさんの候補があると迷います。 どの案も素晴らしく、どれを採用しても素晴らしいものが出来ると感じたときは 代表としての決断が心苦しく感じるときもあります。贅沢な悩みですね。


Q:では最後に今後の目標をお聞かせください。
A:目まぐるしく変貌を続ける印刷・サイン業界の中で、
弊社も御客様の多種多様なニーズにお応えすべく技術・設備を向上させて参りました。
その流れの中においても、御客様と築き上げた信頼関係は「不変」のものである様に心がけていければと思っております。
弊社の理念でもある「いざという時の宏和プロセス」を念頭に掲げ、今後も御客様と共に歩み
「ものづくり」を通じて、社会貢献ができればと思っております。